*

マジックディスク ASIAN KUNG-FU GENERATION

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 90~99点, レビュー, 高得点


51-5I9hnoQL
98

 

 

 

 

間違いなくアジカンの最高傑作かつ集大成。これ以上ない極上のアルバム。震災がなければ、この作品を最後に彼らは解散していたという。曲つくりの枠組みもギターロックに収まらず、ホーンやパーカッション、DTMなど、多種多様な楽器や機材を取り入れ、芳醇な音楽を鳴らしている。もしこのアルバムを最後に彼らが解散していたら、日本中の人が悔やんでも悔やみきれない想いに苛まれていただろう。歌詞も、初期のやりきれない魂の叫びのようなものからは考えられないほどに進化し、現代社会が抱える闇や、人とのつながり、人生ついて謳い、そして韻をこれでもかというほどに踏みまくり、作詞スキルをこれでもかというほどに披露している。後藤氏は、日本が誇る一流の作詞家である、と言い切ってしまってもいいだろう。本当に素晴らしいアルバム。是非聞いていただきたい。

 

 

関連記事

71aRnkp8+2L._SL1500_

The Sound Sounds. TWEEDEES

元Cymbalsの沖井礼二と24歳のシンガー清浦夏実によるユニット・TWEEDEESの1stアルバム

記事を読む

6f2o52d2zfwv

世界は平和島 進行方向別通行区分

ネットでとにかく評判のいい一枚。聞いてみると、たしかに名曲揃い。個人的にはボーナストラックによく入っ

記事を読む

A1OgtUoT7SL._SL1500_

初恋 宇多田ヒカル

前作『Fantome』が日本的なポップスの頂点のアルバムなら、今作は海外と日本のポップスの融合が生ん

記事を読む

51vjrw3kkjl-_sl1280_

LSC ラブリーサマーちゃん

超名曲「あなたは煙草 私はシャボン」がとうとうCD化。なんでもメジャー1stアルバムに入れたかったか

記事を読む

61otOBu02ML._SX425_

Live in Tokyo Gotch

ソロアルバムのリリースツアーの様子を収めたライブアルバム。ライブアルバムに名盤はなかなか生まれにくい

記事を読む

51eGdEYromL._SX450_

青春のエキサイトメント あいみょん

ネットでは、新譜『瞬間的シックスセンス』に「毒がなくなった」、「個性が薄くなった」という感想が見受け

記事を読む

61oo807pB6L

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 Negicco

タイトル通りベストアルバムなんだけど、一曲目の『愛は光』をとりあえず聴いてほしい。できればMVも見て

記事を読む

51meELz8+2L._SX425_

⊿(トライアングル)  Perfume

テクノポップここに極まる! 前作はアイドルのperfumeをテクノで固めたアルバムだったのに対し、今

記事を読む

31cD-EKHQHL

はじめにアイがあった 禁断の多数決

普通のアーティストと思ってこのアルバムを買うと面食らうと思う。わけがわからない。高円寺の雑居ビルのよ

記事を読む

31S3GNV8M4L

FAB FOX フジファブリック

  いわゆる志村節が一番強いアルバム。クセの塊。好きな人は好きだし、合わなければとこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

A1XuNoqT-gL._SS500_
JAPAN the telephones

the telephonesの「JAPAN」をROCKIN'ON JA

611F-ldjSaL._SX355_
続 B面画報 Plastic Tree

いわゆるカップリング曲、レコード時代はB面曲と言われていた曲が良いアー

91jwnU-R1wL._SS500_
CENTER OF THE EARTH a flood of circle

a flood of circleのアルバムは毎回新しくもあるけれどあ

51eGdEYromL._SX450_
青春のエキサイトメント あいみょん

ネットでは、新譜『瞬間的シックスセンス』に「毒がなくなった」、「個性が

519l8kIrpzL._SX450_
瞬間的シックスセンス あいみょん

今の中高生にとってのあいみょんって、今の30過ぎにとってのBUMP O

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑