*

THE LIVING DEAD BUMP OF CHICKEN

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 80~89点, レビュー, 高得点


ダウンロード
80

曲の世界観を確立したと言っていい、BUMP OF CHICKENセカンドアルバム。『グングニル』や『K』といった、ファンタジー小説のような曲たちが、当時の中高生に与えた影響は計り知れない。そして必聴はopeningとending。この2曲は、後にバンプオブチキンを追っていくうえで、あなたにとってかけがえのない曲となるはずだ。バンプを追うときには、時系列順にアルバムを聴くことを強くお勧めする。一冊の児童文学のように丁寧に作り上げた良作。
 

関連記事

71vbwucujll-_sl1425_

#ラブリーミュージック ラブリーサマーちゃん

全楽曲の演奏&打ち込みを自ら行ったという、宅録女子の真価が伺えるラブリーサマーちゃん名義での初めての

記事を読む

71-FzW48KoL._SX425_

胸キュン’14 ふぇのたす

ただひたすらにポップで、「たのしけりゃいいじゃん!」って感じの音楽です。メッセージ性とか難しいことは

記事を読む

91OMG4YkWML._SL1401_

The Uplift Mofo Party Plan Red Hot Chili Peppers

レッチリのギターにしてオリジナルメンバー、ヒレルの遺作となってしまった三枚目。そんな悲しい出来事とは

記事を読む

413QSRHJ1NL

ユグドラシル BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN 4thアルバムは、ファンタジー色をより一層深め、彼らのテーマである宇

記事を読む

a1309678967_16

NERDS GONE WILD DEEGEEDOILS

日本では北方領土と毒殺とプーチンの筋肉のイメージしかない(そんなことない)ロシアで産まれたパンクバン

記事を読む

21vvNAzYyDL._SX425_

present from you BUMP OF CHICKEN

バンプ初のカップリングアルバムだ。このアルバムを聴くのは、必ず全アルバムを聴き終えた後にすること! 

記事を読む

418jDGqdoqL._SX450_

EARTH SEKAI NO OWARI

会場の映像で、自殺を連想させる映像を流したり、ボーカルがパニック障害を告白したり、世のメンヘラ人気を

記事を読む

31M+mNmhovL

sakanaction サカナクション

ついにやった! サカナクションの6thアルバムは思わず拍手したくなる会心の最高傑作! さすがタイトル

記事を読む

51tVnXKAOjL._SX466_

Reach Snuff

一枚目を踏襲した疾走感と哀愁メロディーが前面に押し出されたスナッフのサードアルバム。「I Know

記事を読む

71DmiyXXnEL._SL1063_

感情エフェクト ONE OK ROCK

ONE OK ROCK覚醒! 前作のようなタテノリの嵐ながら、クオリティがグンとアップ。まさに覚醒。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

51SdVlQbeYL
Mother’s Milk Red Hot Chili Peppers

レッチリ四枚目。このアルバムでその後のレッチリの屋台骨をがっちり支える

91OMG4YkWML._SL1401_
The Uplift Mofo Party Plan Red Hot Chili Peppers

レッチリのギターにしてオリジナルメンバー、ヒレルの遺作となってしまった

81Zgdo3r1dL._SL1300_
Freaky Styley Red Hot Chili Peppers

1枚目の反省を活かしファンク界の大御所をプロデューサーに迎えて作り上げ

61F6Ne3ErPL._SX466_
The Red Hot Chili Peppers Red Hot Chili Peppers

もはやロック界では説明不要のごった煮バンドRed Hot Chili

51tVnXKAOjL._SX466_
Reach Snuff

一枚目を踏襲した疾走感と哀愁メロディーが前面に押し出されたスナッフのサ

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑