*

RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~ RADWIMPS

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 80~89点, レビュー, 高得点


31EKJBZNBZL
88

三枚目にして早くも円熟感が表れてきたRADWIMPS。全体的にきれいにまとまった一枚で、完成度が高い。毎度驚かされるのが、フロントマン・野田洋次郎の卓越した言語感覚。帰国子女だからだろうか、言葉を記号のように組み合わせ、誰もなしえなかった歌詞の高みに到達していると言えよう。音色も1stから比べるとだいぶ繊細になり、美しいRAD節を感じることができる。独自色も出てきたのに、若さの力か、この先のアルバムを聴いていくと、まだまだ成長途中にいることに驚きを隠せない。が、それはまた後日。
 

関連記事

51MBYB0RS3L

Flibbiddydibbiddydob Snuff

11曲で17分という短さの上に全てカバー曲(及びお遊び曲)で埋め尽くされたスナッフのセカンドアルバム

記事を読む

911FVPxLS5L._SL1500_

グッド・ナイト 森は生きている

前作は、「よくわからないけどなんかすごいことやってるな」という、漠然とした印象しか抱かなかったのです

記事を読む

719KKGDgvQL._SS500_

(タイトルなし) RAMMSTEIN

2000年代初頭のニュー・メタル、インダストリアル・ムーヴメントの全盛期に比べると、近年のその界隈の

記事を読む

31qIEooQOuL

lost decade tofubeats

新世代のトラックメイカー、tofubeatsのインディーズ1stアルバム。90年代の懐かしいバブリー

記事を読む

img_ac5b79b13935cf18b07b03eea8313aa0120226

ホワター!! 古都の夕べ

前作『柿レンジャー』は進行的なアルバムだったが今作『ホワター!!』はまったく新機軸のアルバム。進行・

記事を読む

31M+mNmhovL

sakanaction サカナクション

ついにやった! サカナクションの6thアルバムは思わず拍手したくなる会心の最高傑作! さすがタイトル

記事を読む

51eGdEYromL._SX450_

青春のエキサイトメント あいみょん

ネットでは、新譜『瞬間的シックスセンス』に「毒がなくなった」、「個性が薄くなった」という感想が見受け

記事を読む

619ilmUa2BL._SL1500_

日日是好日 藤巻亮太

本当に素晴らしいアルバム。藤巻亮太の音楽を聴くのは、レミオロメン以来なんだけど、レミオロメンの後期っ

記事を読む

514HJB3JMFL._SX425_

フィードバックファイル ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンのカップリング集第一弾。時系列順に並んでいるため、彼らの歩みを感じ取れる、『裏ベスト』といっ

記事を読む

91OMG4YkWML._SL1401_

The Uplift Mofo Party Plan Red Hot Chili Peppers

レッチリのギターにしてオリジナルメンバー、ヒレルの遺作となってしまった三枚目。そんな悲しい出来事とは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

91knG6W0qkL._SL1500_
調べる相対性理論 相対性理論

相対性理論にとって初のライブアルバム。ライブ映像にしても、ライブ音源に

81wZ-Rn2rcL._SL1500_
Bee side Sea side ~B-side Collection Album~ UNISON SQUARE GARDEN

近年、アーティストが周年イヤーを迎えるとほぼ確実にベスト的なアルバムが

618Uc5pCGaL._SY400_
THE UNHEAVENLY CREATUERS Coheed and Cambria

プログレッシヴかつエモーショナル、ハードなサウンドとキャッチーなメロデ

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑