*

LISTEN TO THE MUSIC Shiggy Jr.

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 80~89点, レビュー, 高得点


ダウンロード
85

ポップ・ポップ・ポップ! いま日本で一番ポップなバンドは彼女たちじゃないでしょうか。とにかく明るい! 友達とのドライブに聞きたい音楽。そして前作のバンドサウンドから音の幅が一気に広がっており、進化っぷりに感嘆。EDMに寄りつつも、前作のバンドサウンドの延長線上にあるサウンドのため、違和感なく楽しめる。踊れて、ポップで、もう最高だね。テンションが否応にもあがっちゃうよ。
 

関連記事

91ICbabkFJL._SL1500_

Convicted Cryptic Slaughter

ハードコアとメタルが融合した80年代クロスオーヴァーの中でも異質中の異質なCryptic Slaug

記事を読む

a1egyf5bt8l-_sl1500_

ソルファ (2016) ASIAN KUNG-FU GENERATION

過去の楽曲を再構築して録り直したアルバムだと、クラムボンの『Re-clammbon』シリーズがあるけ

記事を読む

a2507855029_10

Snuff Said Snuff

90年代初頭(と言うか正確には89年だけど)のアシッドハウス全盛期でパンクが一番どん底だった時代に突

記事を読む

31rXp8aTWCL._SX425_

Wonder Future ASIAN KUNG-FU GENERATION

まっすぐなすぎるほどの王道ロックンロール。久しく忘れていたかのような、王道ど真ん中。最近のバンドに変

記事を読む

61FrjSqcBCL

サーフ ブンガク カマクラ ASIAN KUNG-FU GENERATION

    アジカンのフロントマン、後藤正文氏がインタビューで「一番好き

記事を読む

81Zgdo3r1dL._SL1300_

Freaky Styley Red Hot Chili Peppers

1枚目の反省を活かしファンク界の大御所をプロデューサーに迎えて作り上げた2nd。確かに前アルバムより

記事を読む

img_05d508aada57587b1517b93ff403605774929

柿レンジャー となりの企画はよく柿くう企画だ 古都の夕べ

『区分』でバンドの完成度を究極に高めた古都の夕べがメンバーを一部刷新。ベース・どし丸とボーカル・あゆ

記事を読む

51E-8lkTsRL._SX425_

GO TO THE FUTURE サカナクション

現代の日本を代表するバンド、サカナクションの1stアルバム。2007年のリリースながら、山口一郎のす

記事を読む

613-i05jsfL._SL1500_

もうすぐ高校生活 井出ちよの

富士山のローカルアイドル、3776。 そのメンバーの一人である井出ちよのソロデビューアルバムがこれ

記事を読む

91u33pvdwLL._SL1500_

天声ジングル 相対性理論

前作は真部・西浦が抜けたことに対する戸惑いがリスナーに広がっていたと思うんです。どうとらえたらいいん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

414AZA3YMSL
A Day At The Races 華麗なるレース Queen

  昨今のブームもあり、このバンドといえば『オペラ座の

img_ac5b79b13935cf18b07b03eea8313aa0120226
ホワター!! 古都の夕べ

前作『柿レンジャー』は進行的なアルバムだったが今作『ホワター!!』はま

img_05d508aada57587b1517b93ff403605774929
柿レンジャー となりの企画はよく柿くう企画だ 古都の夕べ

『区分』でバンドの完成度を究極に高めた古都の夕べがメンバーを一部刷新。

img_99eb9e0fae3c87683fef1555cfb97503130649
区分 古都の夕べ

新体制古都の夕べ4枚目のアルバム。今作の最大の特徴はあゆ巫女である。田

img_75d60ec6d8b3fb8b250aaecb465e307496303
別通 古都の夕べ

新体制古都の夕べ3枚目のアルバム。YouTubeにあがっている牧歌的な

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑