*

Who are you? NICO Touches the Walls

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 10~19点, レビュー


51HSMf-NxuL._SX425_
15

NICO Touches the Wallsのファーストアルバム。華もある、演奏技術もある。声もいい。でも何か足りない。ミスチルをぎゅーっと絞って、残ったものがNICO Touches the Wallsです。一見、すごくわかりやすい。だから若くして彼らは成功を収めたし、ファンも早い段階からたくさんいた。新人のファーストアルバムとしては完成されすぎてる。でもそれは、ミスチルを咀嚼したものだからだよ。器用ゆえに、音楽が好きな人ほど、遠くに置かれる、NICO Touches the Wallsの初期は悲しい存在でした。でも彼らは10年かけて自らのスタイルを作り上げていく。続きは次の記事で。
 

関連記事

41PNEQOvxeL

アラビアの禁断の多数決 禁断の多数決

禁断の多数決を一言で表すなら、「どサブカル」。高円寺の怪しげな雑居ビルをイメージしていただければ、そ

記事を読む

a1egyf5bt8l-_sl1500_

ソルファ (2016) ASIAN KUNG-FU GENERATION

過去の楽曲を再構築して録り直したアルバムだと、クラムボンの『Re-clammbon』シリーズがあるけ

記事を読む

51HxQ4XRlqL._SX425_

シンクロニシティーン 相対性理論

    真部・西浦氏の所属していた4人体制の相対性理論の最後のアルバ

記事を読む

61oLnot4NdL

ファンファーレと熱狂 andymori

キラッキラに輝いていて、無邪気に鳴らされるロックンロール。残酷なまでに無邪気。無垢。僕は小山田壮平の

記事を読む

ダウンロード

ワールド ワールド ワールド ASIAN KUNG-FU GENERATION

  アジカンのCDジャケットのイラストレーターを務めているイラストレーター、中村祐介

記事を読む

51hUsj7zciL._SX425_

Nicheシンドローム ONE OK ROCK

『完全感覚dreamer』で一気にシーンの最前線へと躍り出た彼ら。『完全感覚dreamer』以外はパ

記事を読む

41mXwR1TBZL._SX425_

わたし開花したわ パスピエ

  曲も歌詞も世界観もまったく同じ。完全に相対性理論のフォロワーでしかなかったパスピ

記事を読む

61BTg-NC5nL._SX425_

ぶっ生き返す マキシマム ザ ホルモン

マキシマムザホルモンって、「初期がいい」とか「メジャーにいってぬるくなった」とか言う古参がいるけど、

記事を読む

41AX0V8E49L

フジファブリック フジファブリック

  独特な感性とメロディライン。ノリノリなようでいまいちもりあがらない、「なんなんだ

記事を読む

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

ANOTHER STARTING LINE Hi-STANDARD

僕はハイスタ直撃世代ではありません。あとから追っかけで知って、去年初めて生で見て、そのパワーに圧倒さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

51vOj37KdSL
sora tob sakana sora tob sakana

メロディアスなエレクトロサウンドと物語性のある歌詞。そしてその世界観を

61jC+lCRbpL
BBG ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)

2018年4月11日、ついにメジャーデビューするベボガ!。 ぺろりん

613-i05jsfL._SL1500_
もうすぐ高校生活 井出ちよの

富士山のローカルアイドル、3776。 そのメンバーの一人である井出ち

61oo807pB6L
Negicco 2011~2017 -BEST- 2 Negicco

タイトル通りベストアルバムなんだけど、一曲目の『愛は光』をとりあえず聴

71lSg2pfCjL._SL1024_
乙女新党 第二幕 ~旅立ちのうた~ 乙女新党

2016年に解散したアイドルグループ・乙女新党のセカンドアルバム。とい

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑