*

人間開花 RADWIMPS

公開日: : 80~89点, レビュー, 高得点


51onfmxzrql
88

今までのRADWIMPSとはまったくの別物です。別バンドです。恋愛を歌うでも、人間世界の陰惨さを描くでもなく、ただ「光」を歌っている。野田洋次郎の内面に潜んでいた化け物や衝動を歌にしていたような今までのアルバムとはまったく別のエネルギー源から作られていて、それがこのアルバムを光たらしめている。今までは「どういう発想をしたらこんな歌詞が生まれるんだろう」「どうしてこんな演奏ができるんだろう」という、技術面に目が行きがちだったのが、「どうしてこんなに開かれているんだろう」と、内面の変化に目が行く。このアルバムをひとことでいうなら、ポップ。光。RADWIMPSというドキュメンタリーを追いかけるうえで、最も重要な作品。そして歌詞カードの最後に「山口智史」の名前を見つけて涙。

 

関連記事

51HSMf-NxuL._SX425_

Who are you? NICO Touches the Walls

NICO Touches the Wallsのファーストアルバム。華もある、演奏技術もある。声もいい

記事を読む

41hyW-EcGAL

森は生きている 森は生きている

ジャンルはフォークプログレになるんでしょうか。「よくわからないけどすごい!」というのが第一印象で

記事を読む

ダウンロード

ホームタウン ASIAN KUNG-FU GENERATION

どんなに安いスピーカーやイヤホンでも、一聴すると音質の良さにびっくりすると思う。「日本の録音技術の伝

記事を読む

61c+3ZuD+AL._SX425_

NIGHT FISHING サカナクション

サカナクションの2ndアルバムは、前作では表現しきれなかった、繊細な音が随所にちりばめられた、丁寧な

記事を読む

ダウンロード

RADWIMPS2~発展途上~ RADWIMPS

前作から大きく演奏力、表現力が向上し、彼らの唄いたい世界を、曲として昇華できるまでになったと感じられ

記事を読む

61jC+lCRbpL

BBG ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)

2018年4月11日、ついにメジャーデビューするベボガ!。 ぺろりん先生はイラスト投稿で跳ね、グラ

記事を読む

31cD-EKHQHL

はじめにアイがあった 禁断の多数決

普通のアーティストと思ってこのアルバムを買うと面食らうと思う。わけがわからない。高円寺の雑居ビルのよ

記事を読む

51M9GR4Me0L._SX425_

シフォン主義 相対性理論

      現在、日本の音楽界には、明らかに『相対性

記事を読む

51eJuBVgETL__SX300_

崩壊アンプリファー  ASIAN KUNG-FU GENERATION

  AKGのインディーズ時代のアルバム。メジャーから再発され、異例のヒットを記録。こ

記事を読む

img_75d60ec6d8b3fb8b250aaecb465e307496303

別通 古都の夕べ

新体制古都の夕べ3枚目のアルバム。YouTubeにあがっている牧歌的な(いらすとやの素材を多用した)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

img_ac5b79b13935cf18b07b03eea8313aa0120226
ホワター!! 古都の夕べ

前作『柿レンジャー』は進行的なアルバムだったが今作『ホワター!!』はま

img_05d508aada57587b1517b93ff403605774929
柿レンジャー となりの企画はよく柿くう企画だ 古都の夕べ

『区分』でバンドの完成度を究極に高めた古都の夕べがメンバーを一部刷新。

img_99eb9e0fae3c87683fef1555cfb97503130649
区分 古都の夕べ

新体制古都の夕べ4枚目のアルバム。今作の最大の特徴はあゆ巫女である。田

img_75d60ec6d8b3fb8b250aaecb465e307496303
別通 古都の夕べ

新体制古都の夕べ3枚目のアルバム。YouTubeにあがっている牧歌的な

ダウンロード
ホームタウン ASIAN KUNG-FU GENERATION

どんなに安いスピーカーやイヤホンでも、一聴すると音質の良さにびっくりす

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑