*

NEW LOVE B’z

公開日: : 最終更新日:2019/06/19 90~99点, レビュー, 高得点


ダウンロード
90

誤解を恐れずにいうならば、これはNEW LOVE ならぬ ニュービーズだ。
彼ら二人の新境地が存分に垣間見れる作品だが、サポートメンバーで特にリズム隊の二人が変わったことは非常に大きく、
”ニュー”を感じずにはいられない。

シングルカットがあるとすれば『兵、走る』になったであろうが、この曲のみ旧サポートメンバーでのレコーディングで、他の曲との対比により、”ニュービーズ”たる変化が非常にわかりやすい。この曲はいうなれば鉄板というか、”吉牛”的などうすればB’zの二人を美味しくできるかを知り尽くしているリズム隊による演奏で、ファンに”キタコレ!”と思わせるのはもはや容易い。その代わり、新境地ともいえる今作の他の曲と比べると、若干色が浮いて見えてくる。
新しくバンドに加わったBrian TichyとMohini Deyはこの2人で組むのも恐らく初めてで、B’z とのセッションにも試行錯誤があったことだろう。
しかし当然ながら非常に高度な演奏力もあり、チグハグさや違和感のようなものはまったく無く、それでいて今までのB’zサウンドとはまったく違った”うねり”であったり緊張感をプラスしている。
アルバム内でこの2人のリズム隊による演奏が聴けるのは5曲のみだが、”ニュービーズ”のライブへの期待をせずにはいられない。
とくに前作『Dinoasaur』から今作へ続くB’zのマイブームであろうクラシックロック的なアプローチの楽曲ではBrian tichyの奔放なドラミングがとても合う。
もし今の体制が続くならば『ELEVEN』時のようなもっと現代的なハードロックサウンドの作品にも期待したい。『愛のPrisoner』や『Raging River』のような楽曲もセットリストに復活してほしいが如何なものか。

関連記事

ダウンロード

A journey to freedom DE DE MOUSE

  それは日本の原風景か、それとも見知らぬ国の田舎か、ノスタルジックかつ幻想的なイメ

記事を読む

81f4c98-nsL._SL1355_

新青年 人間椅子

令和元年、活動30周年を迎えた人間椅子が満を持してリリースした、通算21枚目となるオリジナル・アルバ

記事を読む

411kphPPXYL._SX425_

太陽 中村一義

中村一義、待望の2ndアルバム。私はこのアルバムが一番好きだ。なぜなら、珠玉の名曲『日の出の日』が収

記事を読む

31GTG5QCDHL

ガリバー 野狐禅

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう

記事を読む

a1309678967_16

NERDS GONE WILD DEEGEEDOILS

日本では北方領土と毒殺とプーチンの筋肉のイメージしかない(そんなことない)ロシアで産まれたパンクバン

記事を読む

51MBYB0RS3L

Flibbiddydibbiddydob Snuff

11曲で17分という短さの上に全てカバー曲(及びお遊び曲)で埋め尽くされたスナッフのセカンドアルバム

記事を読む

51aRnQJEqhL._SX450_

世界のフラワーロード 100s

素晴らしい! ソロ時代、バンド時代どちらを合わせても中村一義の最高傑作!『魔法を信じ続けているかい?

記事を読む

81gEdlIbouL._SL1500_

aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚しかシングルを出さなかったり、1

記事を読む

61rENFMZW6L._SL1050_

RADWIMPS RADWIMPS

2003年にすでにCDをリリースしてたという彼らの早熟さ、そして大器の片鱗をうかがわせる内容に驚愕。

記事を読む

41AX0V8E49L

フジファブリック フジファブリック

  独特な感性とメロディライン。ノリノリなようでいまいちもりあがらない、「なんなんだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

8120NEfVgpL._SL1500_
Songs of Innocence & Experience DYGL

再生した瞬間の感想「え?これ本当に日本のバンド?10年くらい前のアメリ

81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa p

A12L1GQUnSL._SL1500_
834.194 サカナクション

「ついに!」というか「やっと!」というか、アルバムを出す出すといい続け

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑