*

EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

公開日: : 90~99点, レビュー, 高得点


81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
90

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa perfect circleの、『eMOTIVe』以来14年ぶりとなる新作。前作でジェームス・イハが加入し話題となったものの、レコーディングには参加しておらず、本作で初めてa perfect circleとしてのイハのギターを聴くことができる。結成当初から、a perfect circleの音楽性には、“toolが男性的だとしたら、a perfect circleは女性的”という表現がよく用いられるが、まさに言い得て妙だ。本作もそのイメージに違わず、キーボード、特にピアノを多用した繊細で美しいメロディ・ラインと、メイナードの囁くような歌声が印象的。タイトル曲、「Eat The Elephant」はビリーがチェスター・ベニントンのために書き、LINKIN PARKの『One More Light』に収録されるはずだった曲。また、「So Long, And Thanks For All The Fish」はデヴィッド・ボウイやモハメド・アリなど、2016年に立て続けに偉大な人物たちが亡くなったことに触発されてできた曲だ。このように、「死」というものと対峙しながら、世の中のあらゆる疑問に対して自問自答を繰り返し、メイナードが至った境地は、「俺が耳を傾けるべきなのは、自分の内側からくる声だけだ」というもの。本作はその心境がよく表れている。前作の至るところに感じられる怒り、苦しみのような激しさ、激情は姿を潜め、本作ではそのすべてを包み込む優しさ、愛おしさをたたえた曲調が続く。まるで、暗闇をさまよう私たちの行く末を、静かに照らしてくれる道標のようなアルバム。彼らの最高傑作といってもいい一枚だ。 

関連記事

ダウンロード

RADWIMPS2~発展途上~ RADWIMPS

前作から大きく演奏力、表現力が向上し、彼らの唄いたい世界を、曲として昇華できるまでになったと感じられ

記事を読む

ダウンロード

アルトコロニーの定理 RADWIMPS

おかずのごはん発売後、解散寸前まで仲たがいしたという彼ら。その危機を乗り越えて発売された本作は、もと

記事を読む

41HPZARCM9L

FLAME VEIN BUMP OF CHICKEN

1999年リリースという事実に、彼らの歩みの長さと、才能の開花の速さ、そして時間の経過の速さを感じる

記事を読む

51hUsj7zciL._SX425_

Nicheシンドローム ONE OK ROCK

『完全感覚dreamer』で一気にシーンの最前線へと躍り出た彼ら。『完全感覚dreamer』以外はパ

記事を読む

21MAV09NM2L

OZ 100s

あの中村一義が、バンドを組んだ。それだけで音楽業界は大騒ぎだった。中村一義ファンの私は、彼の新作を心

記事を読む

91W3jy7j8cL._SL1479_

Glowing Red On The Shore EP The fin.

ブリティッシュポップのような、西洋の匂いを感じさせる音楽を奏でる神戸発のバンド、The fin. 日

記事を読む

61FrjSqcBCL

サーフ ブンガク カマクラ ASIAN KUNG-FU GENERATION

    アジカンのフロントマン、後藤正文氏がインタビューで「一番好き

記事を読む

91Ixi8XXNhL._SL1500_

with open fu_mou

もう5年位前かなあ、アルテマレコーズっていうネットレーベルがあって、そこでfu_mouさんが『星のカ

記事を読む

3139NnYzgCL

RADWIMPS4~おかずのごはん~ RADWIMPS

ヒットシングル『ふたりごと』『有心論』『セツナレンサ』で知名度を一気に引き上げた彼らが、満を持して送

記事を読む

51-5I9hnoQL

マジックディスク ASIAN KUNG-FU GENERATION

        間違いなくアジカンの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

8120NEfVgpL._SL1500_
Songs of Innocence & Experience DYGL

再生した瞬間の感想「え?これ本当に日本のバンド?10年くらい前のアメリ

81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa p

A12L1GQUnSL._SL1500_
834.194 サカナクション

「ついに!」というか「やっと!」というか、アルバムを出す出すといい続け

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑