*

「 40~49点 」 一覧

ガリバー 野狐禅

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう。しかし歴代のフォークシンガー達は、ギター一本で様々な音色を奏でてきた。音としての野狐禅は、前作で完

続きを見る

EARTH SEKAI NO OWARI

会場の映像で、自殺を連想させる映像を流したり、ボーカルがパニック障害を告白したり、世のメンヘラ人気を一身に背負うバンド、セカオワです。しかし、世界観はファンタジーで統一されていて、そしてボーカル・fu

続きを見る

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命  銀杏BOYZ

  同時発売の『DOOR』と同じく、当時の私を心底がっかりさせた一枚。『さくらの唄』で彼らがみせた整然としたパンクミュージックは消え、バンドが変わったことによる焦燥感まみれの峯田がパッ

続きを見る

DOOR 銀杏BOYZ

  これを買った当時、私は大学生だった。つまり、ゴイステに熱狂した世代であり、全国の少年がこのアルバムの発売を心待ちにしていた。心に空いたゴイステの穴を埋めてくれるものだと信じていたか

続きを見る

A1XuNoqT-gL._SS500_
JAPAN the telephones

the telephonesの「JAPAN」をROCKIN'ON JA

611F-ldjSaL._SX355_
続 B面画報 Plastic Tree

いわゆるカップリング曲、レコード時代はB面曲と言われていた曲が良いアー

91jwnU-R1wL._SS500_
CENTER OF THE EARTH a flood of circle

a flood of circleのアルバムは毎回新しくもあるけれどあ

51eGdEYromL._SX450_
青春のエキサイトメント あいみょん

ネットでは、新譜『瞬間的シックスセンス』に「毒がなくなった」、「個性が

519l8kIrpzL._SX450_
瞬間的シックスセンス あいみょん

今の中高生にとってのあいみょんって、今の30過ぎにとってのBUMP O

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑