*

「 70~79点 」 一覧

#ラブリーミュージック ラブリーサマーちゃん

全楽曲の演奏&打ち込みを自ら行ったという、宅録女子の真価が伺えるラブリーサマーちゃん名義での初めてのアルバム。10年代に宅録をすると、こういうサウンドになるんだなあと感心。「今」の時代性が見事にパッケ

続きを見る

よしよし、サマー! ラブリーサマーちゃんと芳川よしの

当時19歳だった宅録少女ラブリーサマーちゃんと作曲家芳川よしののユニットのアルバム。芳川よしのの作る心地よいサウンドにラブリーサマーちゃんの心地よいウィスパーボイスが乗っかり、心地よいの相乗効果。のち

続きを見る

住民税が私を殺す リアル3区

禁断の多数決のアイコンだったゆめちとBabypinkTabletのキーコとぐしゃ人間の亀による3人組ハードコアガールポップバンド、リアル3区です。結成当初は「巻き込み系ガールズユニット」というキャッチ

続きを見る

POSITIVE tofubeats

前作はとんでもなく素晴らしいアルバムだったんだけど、それを作った要因のひとつに、tofubeatsの世界にビッグネームが登場するサプライズがあったとおもうんだよね。今作は、ビッグネームの世界にtofu

続きを見る

COSMIC EXPLORER Perfume

2016/04/09 | 70~79点, レビュー

序盤を聞いたときには「大丈夫!?」と思ってしまいました。Perfumeのアルバムではなくて、中田ヤスタカのアルバムを買ったような気がしたから。でも後半に行くにしたがって、Perfumeのアルバムになっ

続きを見る

娑婆ラバ パスピエ

パスピエはだんだんとニッチな方向へ、和風にブルージーになっていくなあ。一言でいうと、渋いアルバムです。これまでの楽しいばかりの方向ではなく、しっとりと聞かせる作品になっています。音楽的偏差値は高いんだ

続きを見る

WORLD WIDE DEMPA でんぱ組.inc

笑いあり、涙あり、波乱万丈なセカンドアルバム。でんぱの名のもとに、いかに初見の人を引き付けるか、電波曲的なフックをふんだんに詰め込んだアルバムになっている。メンバーの自虐や決意、紆余曲折を経ての『でん

続きを見る

Shiggy Jr. is not a child. Shiggy Jr.

めちゃくちゃポップ! 聞いているだけで嬉しくなっちゃうほどのにぎやかなサウンドと伸びやかなボーカル。特に『Saturday night to Sunday morning』のクオリティがスバ抜けて素晴

続きを見る

森は生きている 森は生きている

ジャンルはフォークプログレになるんでしょうか。「よくわからないけどすごい!」というのが第一印象でした。ゆったりとしたサウンド的には聞きやすいはずなのに、一度聞くとぐったりとした気分になってしまうの

続きを見る

Perfume~Complete Best~ Perfume

2015/01/18 | 70~79点, レビュー

perfumeの初期ベストアルバムである本作。曲の大半を中田ヤスタカ氏がプロデュースしているものの、アイドルソングとも、アーティスト然としたものとも、なんとも言い難い微妙な位置の曲が多い。後期の曲はア

続きを見る

door androp

2015/01/13 | 70~79点, レビュー

長い航海の末、彼らがたどり着いた答えが『mirrordance』であると言えよう。その抜けにハッピーで楽しさ極まりないこの曲は、多くの人を幸せにした、しかしこの後、彼らは多くの名曲を生み出すが、「『m

続きを見る

ゼイタクビョウ ONE OK ROCK

一曲目の『内秘心書』から、破格のバンドの始まりを予感させる、ONE OK ROCKの1stアルバム。パワーコードゴリゴリの骨太ギターロックを聞かせてくれる。1stアルバムは、未完成なものを生み出さ

続きを見る

野狐禅 野狐禅

夕焼けのような、赤いジャケットが眩しい野狐禅のラストアルバム。東京に夢を見た若者が、東京に飲まれ、東京に堕落し、東京に散って行った。そんな人間劇場を彼らは見せてくれた。野狐禅というセルフタイトルからし

続きを見る

ALL!!!!!! 100s

2014/11/19 | 70~79点, レビュー

前作の不協和音を乗り越え、バンドサウンドを生かし始めた100sセカンドアルバム。全曲レベルが高く、やっと、中村一義がバンドの使い方をわかってきたな、という印象。そしてバンドも、中村一義の頭の中にある音

続きを見る

はじめにアイがあった 禁断の多数決

普通のアーティストと思ってこのアルバムを買うと面食らうと思う。わけがわからない。高円寺の雑居ビルのような、具体的な店名をあげるとむげん堂のような、サブカルの塊のようなアルバム。合わない人にはとことん合

続きを見る

CHRONICLE  フジファブリック

ポップで明るい、比較的聞きやすいアルバム。それでいて中毒性があり、いつまでも聞き続けられる。そして、志村氏が最後に全作品に関わったアルバムでもある。明確なキラーチューンは存在しないが、打ち込みを採用し

続きを見る

TEENAGER フジファブリック

秋の深まりを感じさせる、情緒に満ちた3rdアルバム。TEENAGERというタイトルから連想される通り、志村氏の10台の甘酸っぱくて切ない想い出ばかりが謳われている。リスナーの年齢が20代後半に差し掛か

続きを見る

フジファブリック フジファブリック

  独特な感性とメロディライン。ノリノリなようでいまいちもりあがらない、「なんなんだこれは!」という違和感だらけのバンド、フジファブリックの1stアルバム。決してディスっているわけでは

続きを見る

ONOMIMONO パスピエ

相対性理論のフォロワーから抜け出し、徐々にオリジナリティを確立し始めた2ndアルバム。キャッチーなタテノリを武器に、31分ノリにノラせてくれる。しかし楽曲ごとにクオリティにバラつきがあるのがやや残念。

続きを見る

orbital period BUMP OF CHICKEN

  『公転周期』というタイトルを冠した5thアルバム。宇宙を常にテーマにしてきた彼らで、今迄のアルバムは統一感があったのだが、今作はシングル曲がふんだんに含まれているせいか、テーマがバ

続きを見る

51LG+JP1XlL
最高築  中村一義

中村一義のデビュー20周年を記念してリリースされたセルフカバーベストア

IMAG0430
禁断の多数決 3年ぶりのライブは「切なさ」と「多幸感」が溢れていた

禁断の多数決の音楽は、99.9%のポップと0.1%のシリアスで構成され

26259292_35836
「未来の音楽」のために何ができる?  「NF」に見るサカナクションの果てなき野望 

「嘘だろ!?」 宙に浮いたサカナクションを目にした時、僕は、思わず頭

stsr_budokan_stage_photo_web_2
宇宙はやくしまるえつこを中心に廻り始めた。相対性理論の武道館公演を観て

2016年7月22日、僕は武道館にいた。相対性理論の「前人未到の完全イ

detail
川島海荷さんが9nineを卒業して泣きそうだよ 泣きたくなる まだ 泣いてないけど

拝啓 川島海荷さま いかがお過ごしでしょうか。 あなたが9ni

→もっと見る

PAGE TOP ↑