*

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命  銀杏BOYZ

  同時発売の『DOOR』と同じく、当時の私を心底がっかりさせた一枚。『さくらの唄』で彼らがみせた整然としたパンクミュージックは消え、バンドが変わったことによる焦燥感まみれの峯田がパッ

続きを見る

DOOR 銀杏BOYZ

  これを買った当時、私は大学生だった。つまり、ゴイステに熱狂した世代であり、全国の少年がこのアルバムの発売を心待ちにしていた。心に空いたゴイステの穴を埋めてくれるものだと信じていたか

続きを見る

TOWN AGE 相対性理論

  創世記のブレーンであった真部・西浦氏が抜けて初めてのアルバム。本作の作詞作曲は、オリジナルメンバーのやくしまると永井氏が全て行っているものの、今までの相対性理論の流れを色濃く受け継

続きを見る

シンクロニシティーン 相対性理論

    真部・西浦氏の所属していた4人体制の相対性理論の最後のアルバム。このアルバムが発売されてから2年後ほどに両氏の脱退が発表されたため、本作には、まだ悲壮感や、終末

続きを見る

ハイファイ新書 相対性理論

      前作の正当進化を経た2ndアルバム。圧倒的なセンスは保ちつつも、前作からの変化が少ないため、一作目ほどの衝撃はない。衝撃がないということは、

続きを見る

シフォン主義 相対性理論

      現在、日本の音楽界には、明らかに『相対性理論以前』と『相対性理論以後』が存在する。圧倒的な作曲センス、非実在的で天使のような声質、世間を二転

続きを見る

フィードバックファイル2 ASIAN KUNG-FU GENERATION

  アジカンのカップリング集第二弾。シングルカップリングの他、最新シングル曲、未発表音源2曲、コンピレーションアルバム収録曲5曲、ライブ音源2曲を収録している。カップリングといえど、如

続きを見る

フィードバックファイル ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンのカップリング集第一弾。時系列順に並んでいるため、彼らの歩みを感じ取れる、『裏ベスト』といっても遜色ない内容。めったにライブでは演奏されないレア曲ばかりであり、ファンならマストバイのアイテムで

続きを見る

ランドマーク ASIAN KUNG-FU GENERATION

      解散の危機と震災を乗り越え、「なにがなんでも出すんだ!」という思いで作られた渾身のアルバム。心境の変化もあったのか、今までのアジカンとはまっ

続きを見る

マジックディスク ASIAN KUNG-FU GENERATION

        間違いなくアジカンの最高傑作かつ集大成。これ以上ない極上のアルバム。震災がなければ、この作品を最後に彼らは解散していたと

続きを見る

サーフ ブンガク カマクラ ASIAN KUNG-FU GENERATION

    アジカンのフロントマン、後藤正文氏がインタビューで「一番好きなアルバム」と語っている本作。このような点数を付けるのは大変心苦しいが、残念ながら65点とさせていた

続きを見る

未だ見ぬ明日に ASIAN KUNG-FU GENERATION

    前作『ワールドワールドワールド』から溢れた曲を詰め込んだというミニアルバム。曲は粒ぞろいなものの、コンセプトがないため、曲の羅列にしか聞こえないのが残念。全6曲

続きを見る

ワールド ワールド ワールド ASIAN KUNG-FU GENERATION

  アジカンのCDジャケットのイラストレーターを務めているイラストレーター、中村祐介氏が「もうアジカンのジャケットは描けない」と言わしめた会心のアルバム。『ワールドワールドワールド』か

続きを見る

ファンクラブ ASIAN KUNG-FU GENERATION

  今までのポップなアルバムとは一転。内向的で陰鬱な雰囲気に面食らうと思う。アジカンにノリノリのロックを求めている人には、もっと低点数かもしれない。しかし、聞けば聞くほどに、そのダーク

続きを見る

ソルファ ASIAN KUNG-FU GENERATION

  AKG最大のヒットアルバムにして初期の大傑作。大ヒットシングル『リライト』を収録したこのアルバムで、彼らは一気に国民的バンドへの道を駆け上った。シングル曲のクオリティの高さはもちろ

続きを見る

君繋ファイブエム ASIAN KUNG-FU GENERATION

    AKGのメジャーデビュー1stアルバム。文学ロックの走りと言われたこのアルバムは、少年時代の懐かしさや、夏の終わりの悲しみといった、日本人の心に染み入る情緒が綴

続きを見る

崩壊アンプリファー  ASIAN KUNG-FU GENERATION

  AKGのインディーズ時代のアルバム。メジャーから再発され、異例のヒットを記録。ここからAKGのストーリーが始まった。『NARUTO』のオープニングテーマとして世界中で愛されている『

続きを見る

このサイトについて

2014/09/23 | ニュース

  サイト名 モレッツ 日本発のCDレビューサイト CD Review from Japan URL   http://moretzmusic.com/ 邦楽・洋楽問わず日

続きを見る

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

8120NEfVgpL._SL1500_
Songs of Innocence & Experience DYGL

再生した瞬間の感想「え?これ本当に日本のバンド?10年くらい前のアメリ

81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa p

A12L1GQUnSL._SL1500_
834.194 サカナクション

「ついに!」というか「やっと!」というか、アルバムを出す出すといい続け

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑