*

Who are you? NICO Touches the Walls

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 10~19点, レビュー


51HSMf-NxuL._SX425_
15

NICO Touches the Wallsのファーストアルバム。華もある、演奏技術もある。声もいい。でも何か足りない。ミスチルをぎゅーっと絞って、残ったものがNICO Touches the Wallsです。一見、すごくわかりやすい。だから若くして彼らは成功を収めたし、ファンも早い段階からたくさんいた。新人のファーストアルバムとしては完成されすぎてる。でもそれは、ミスチルを咀嚼したものだからだよ。器用ゆえに、音楽が好きな人ほど、遠くに置かれる、NICO Touches the Wallsの初期は悲しい存在でした。でも彼らは10年かけて自らのスタイルを作り上げていく。続きは次の記事で。
 

関連記事

31M+mNmhovL

sakanaction サカナクション

ついにやった! サカナクションの6thアルバムは思わず拍手したくなる会心の最高傑作! さすがタイトル

記事を読む

41PNEQOvxeL

アラビアの禁断の多数決 禁断の多数決

禁断の多数決を一言で表すなら、「どサブカル」。高円寺の怪しげな雑居ビルをイメージしていただければ、そ

記事を読む

519l8kIrpzL._SX450_

瞬間的シックスセンス あいみょん

今の中高生にとってのあいみょんって、今の30過ぎにとってのBUMP OF CHICKENみたいなもの

記事を読む

SINNKOUHOUKOU

NEW相対性理論II 進行方向別通行区分

これまた隙のない最高の作品を作っていただいてありがとうございますという感じです。にこにこプンプン丸で

記事を読む

51DG-MskimL._SX425_

ALL!!!!!! 100s

前作の不協和音を乗り越え、バンドサウンドを生かし始めた100sセカンドアルバム。全曲レベルが高く、や

記事を読む

31GTG5QCDHL

ガリバー 野狐禅

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう

記事を読む

51HxQ4XRlqL._SX425_

シンクロニシティーン 相対性理論

    真部・西浦氏の所属していた4人体制の相対性理論の最後のアルバ

記事を読む

81txkhix8ol-_sl1500_

We love Tank-top ヤバイTシャツ屋さん

「DQNの車のミラーのところによくぶら下がってる大麻の形したやつ」とか「流行りのバンドのボーカルの男

記事を読む

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

ALL ABOUT POP Shiggy Jr.

メジャーデビューを果たし、ライブやイベントに出まくって、筋肉がビルドアップされたShiggy Jr.

記事を読む

ダウンロード

にこにこプンプン丸 進行方向別通行区分

今作はそのほかの作品に比べると、勢いやバラエティ感が不足している気がします。全体的におとなしい感じ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

611F-ldjSaL._SX355_
続 B面画報 Plastic Tree

いわゆるカップリング曲、レコード時代はB面曲と言われていた曲が良いアー

91jwnU-R1wL._SS500_
CENTER OF THE EARTH a flood of circle

a flood of circleのアルバムは毎回新しくもあるけれどあ

51eGdEYromL._SX450_
青春のエキサイトメント あいみょん

ネットでは、新譜『瞬間的シックスセンス』に「毒がなくなった」、「個性が

519l8kIrpzL._SX450_
瞬間的シックスセンス あいみょん

今の中高生にとってのあいみょんって、今の30過ぎにとってのBUMP O

61T2sxkkSJL._SX450_
【音楽】2ちゃんねらーが選ぶ邦楽名盤ランキング2018結果発表! 1位は折坂悠太「平成」!!

57: 名無しのエリー 2019/02/03(日) 15:25:33

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑