*

光のなかに立っていてね 銀杏BOYZ

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 90~99点, レビュー, 高得点


61Yd7JgvGzL._SX425_
95

前作から9年の時を経て、メンバー3人の脱退を越えて発売された、彼らの血と汗と涙と怨恨の結晶。未完成だった雑音は一転、心地よいノイズミュージックへと昇華されており、彼らの成長に感嘆する。それだけに、脱退が惜しい。『愛してるってゆってよね』が流れた瞬間、誰しも「これは本当に銀杏BOYZのアルバムか?」と疑ってしまうほど、以前の彼らとはまったく別次元に成長を遂げている。特筆すべくは、シングル曲や過去曲の大幅なアレンジ。『あいどんわなだい』はバッキバキのテクノポップに、『銀河鉄道の夜』は、円熟した彼らだからこそ奏でられる悲哀に満ちたエレジーに。そして最後のチン中村が奏でるパイプオルガンが、第一次『銀杏BOYZ』の終わりを告げているようで、どうしようもなくやるせない気持ちになる。9年ぶり、メンバーの成長、そして脱退、それらのドラマを統括した、人間劇場のようなアルバム。

 

関連記事

51A+MxE8FvL._SX425_

ハイファイ新書 相対性理論

      前作の正当進化を経た2ndアルバム。圧倒

記事を読む

71LhQHVINCL._SL1003_

Good New Times Gotch

大量のCDをiTunesに取り込んで再生する。グワーンとパワーコードが鳴る。「あ、これアジカンっぽい

記事を読む

617qmX471CL._SL1500_

BEACH 銀杏BOYZ

  このアルバムは人を選ぶ。一度でもロックバンドを見るために、小さなライブハウスへと

記事を読む

418jDGqdoqL._SX450_

EARTH SEKAI NO OWARI

会場の映像で、自殺を連想させる映像を流したり、ボーカルがパニック障害を告白したり、世のメンヘラ人気を

記事を読む

51m1nE-dPgL._SX466_

鈍色の青春 野狐禅

孤高のフォークシンガー、竹原ピストルの所属していた野狐禅。といっても、私は野狐禅時代から彼が好きだっ

記事を読む

31qIEooQOuL

lost decade tofubeats

新世代のトラックメイカー、tofubeatsのインディーズ1stアルバム。90年代の懐かしいバブリー

記事を読む

51aRnQJEqhL._SX450_

世界のフラワーロード 100s

素晴らしい! ソロ時代、バンド時代どちらを合わせても中村一義の最高傑作!『魔法を信じ続けているかい?

記事を読む

41mXwR1TBZL._SX425_

わたし開花したわ パスピエ

  曲も歌詞も世界観もまったく同じ。完全に相対性理論のフォロワーでしかなかったパスピ

記事を読む

51t2L20NbRL._SX450_

ゼイタクビョウ ONE OK ROCK

一曲目の『内秘心書』から、破格のバンドの始まりを予感させる、ONE OK ROCKの1stアルバ

記事を読む

41Je94rDTwL._SY450_

note androp

演奏力も歌声も申し分ない。でも何かが足りない、その何かを見つけられたら、完璧なバンドになるのに…。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

712hy3WjnNL._SL1094_
【邦楽】2ちゃんねらーが選ぶ2017年邦楽名盤ランキング 結果発表!

85: 名無しのエリー 2018/02/04(日) 00:37:21

51LG+JP1XlL
最高築  中村一義

中村一義のデビュー20周年を記念してリリースされたセルフカバーベストア

IMAG0430
禁断の多数決 3年ぶりのライブは「切なさ」と「多幸感」が溢れていた

禁断の多数決の音楽は、99.9%のポップと0.1%のシリアスで構成され

26259292_35836
「未来の音楽」のために何ができる?  「NF」に見るサカナクションの果てなき野望 

「嘘だろ!?」 宙に浮いたサカナクションを目にした時、僕は、思わず頭

stsr_budokan_stage_photo_web_2
宇宙はやくしまるえつこを中心に廻り始めた。相対性理論の武道館公演を観て

2016年7月22日、僕は武道館にいた。相対性理論の「前人未到の完全イ

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑