*

光のなかに立っていてね 銀杏BOYZ

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 90~99点, レビュー, 高得点


61Yd7JgvGzL._SX425_
95

前作から9年の時を経て、メンバー3人の脱退を越えて発売された、彼らの血と汗と涙と怨恨の結晶。未完成だった雑音は一転、心地よいノイズミュージックへと昇華されており、彼らの成長に感嘆する。それだけに、脱退が惜しい。『愛してるってゆってよね』が流れた瞬間、誰しも「これは本当に銀杏BOYZのアルバムか?」と疑ってしまうほど、以前の彼らとはまったく別次元に成長を遂げている。特筆すべくは、シングル曲や過去曲の大幅なアレンジ。『あいどんわなだい』はバッキバキのテクノポップに、『銀河鉄道の夜』は、円熟した彼らだからこそ奏でられる悲哀に満ちたエレジーに。そして最後のチン中村が奏でるパイプオルガンが、第一次『銀杏BOYZ』の終わりを告げているようで、どうしようもなくやるせない気持ちになる。9年ぶり、メンバーの成長、そして脱退、それらのドラマを統括した、人間劇場のようなアルバム。

 

関連記事

51SdVlQbeYL

Mother’s Milk Red Hot Chili Peppers

レッチリ四枚目。このアルバムでその後のレッチリの屋台骨をがっちり支えるドラムのチャド・スミスと、その

記事を読む

ダウンロード

ワールド ワールド ワールド ASIAN KUNG-FU GENERATION

  アジカンのCDジャケットのイラストレーターを務めているイラストレーター、中村祐介

記事を読む

81oBUtG8chL._SL1500_

DocumentaLy サカナクション

サカナクションの5thアルバムは完璧に限りなく近い超傑作。イントロから心をガシっと掴む仕掛けあり、シ

記事を読む

617OwaNhV9L._SX425_

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命  銀杏BOYZ

  同時発売の『DOOR』と同じく、当時の私を心底がっかりさせた一枚。『さくらの唄』

記事を読む

6a0d3a84d5ab8d289f7660eb72837b6f

進行 古都の夕べ

進行方向別通行区分の真部と西浦が新バンド・集団行動を組んで以降、ラップトップ一台で音楽を流しながら歌

記事を読む

31cD-EKHQHL

はじめにアイがあった 禁断の多数決

普通のアーティストと思ってこのアルバムを買うと面食らうと思う。わけがわからない。高円寺の雑居ビルのよ

記事を読む

31JXHvc96lL

orbital period BUMP OF CHICKEN

  『公転周期』というタイトルを冠した5thアルバム。宇宙を常にテーマにしてきた彼ら

記事を読む

51HSMf-NxuL._SX425_

Who are you? NICO Touches the Walls

NICO Touches the Wallsのファーストアルバム。華もある、演奏技術もある。声もいい

記事を読む

81txkhix8ol-_sl1500_

We love Tank-top ヤバイTシャツ屋さん

「DQNの車のミラーのところによくぶら下がってる大麻の形したやつ」とか「流行りのバンドのボーカルの男

記事を読む

911FVPxLS5L._SL1500_

グッド・ナイト 森は生きている

前作は、「よくわからないけどなんかすごいことやってるな」という、漠然とした印象しか抱かなかったのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

719KKGDgvQL._SS500_
(タイトルなし) RAMMSTEIN

2000年代初頭のニュー・メタル、インダストリアル・ムーヴメントの全盛

41ADSBJD7DL
Sheer Heart Attack Queen

このアルバムも筆者が生まれる何年も前の作品だし、ましてや当時のライブで

814k7eSsAGL._SL1500_
Super Guitar Disney Various Artists

この手のオムニバスものカバーアルバムは、一時期は闇雲に数がリリースされ

81f4c98-nsL._SL1355_
新青年 人間椅子

令和元年、活動30周年を迎えた人間椅子が満を持してリリースした、通算2

ダウンロード (1)
THUNDERSTEEL Riot

某著名な、もちろん筆者も尊敬しているギター講師の方のブログで、メタルば

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑