*

EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

公開日: : 90~99点, レビュー, 高得点


81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
90

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa perfect circleの、『eMOTIVe』以来14年ぶりとなる新作。前作でジェームス・イハが加入し話題となったものの、レコーディングには参加しておらず、本作で初めてa perfect circleとしてのイハのギターを聴くことができる。結成当初から、a perfect circleの音楽性には、“toolが男性的だとしたら、a perfect circleは女性的”という表現がよく用いられるが、まさに言い得て妙だ。本作もそのイメージに違わず、キーボード、特にピアノを多用した繊細で美しいメロディ・ラインと、メイナードの囁くような歌声が印象的。タイトル曲、「Eat The Elephant」はビリーがチェスター・ベニントンのために書き、LINKIN PARKの『One More Light』に収録されるはずだった曲。また、「So Long, And Thanks For All The Fish」はデヴィッド・ボウイやモハメド・アリなど、2016年に立て続けに偉大な人物たちが亡くなったことに触発されてできた曲だ。このように、「死」というものと対峙しながら、世の中のあらゆる疑問に対して自問自答を繰り返し、メイナードが至った境地は、「俺が耳を傾けるべきなのは、自分の内側からくる声だけだ」というもの。本作はその心境がよく表れている。前作の至るところに感じられる怒り、苦しみのような激しさ、激情は姿を潜め、本作ではそのすべてを包み込む優しさ、愛おしさをたたえた曲調が続く。まるで、暗闇をさまよう私たちの行く末を、静かに照らしてくれる道標のようなアルバム。彼らの最高傑作といってもいい一枚だ。 

関連記事

61BTg-NC5nL._SX425_

ぶっ生き返す マキシマム ザ ホルモン

マキシマムザホルモンって、「初期がいい」とか「メジャーにいってぬるくなった」とか言う古参がいるけど、

記事を読む

IMG_20180912_0002

REGULAR PARTY LINE FATRACE

インドネシア産ポップパンクFATRACEの4曲入りシングル。ラモーンズ直系の本当に単純な3コードソン

記事を読む

81f4c98-nsL._SL1355_

新青年 人間椅子

令和元年、活動30周年を迎えた人間椅子が満を持してリリースした、通算21枚目となるオリジナル・アルバ

記事を読む

31GTG5QCDHL

ガリバー 野狐禅

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう

記事を読む

719KKGDgvQL._SS500_

(タイトルなし) RAMMSTEIN

2000年代初頭のニュー・メタル、インダストリアル・ムーヴメントの全盛期に比べると、近年のその界隈の

記事を読む

418jDGqdoqL._SX450_

EARTH SEKAI NO OWARI

会場の映像で、自殺を連想させる映像を流したり、ボーカルがパニック障害を告白したり、世のメンヘラ人気を

記事を読む

img_05d508aada57587b1517b93ff403605774929

柿レンジャー となりの企画はよく柿くう企画だ 古都の夕べ

『区分』でバンドの完成度を究極に高めた古都の夕べがメンバーを一部刷新。ベース・どし丸とボーカル・あゆ

記事を読む

71-FzW48KoL._SX425_

胸キュン’14 ふぇのたす

ただひたすらにポップで、「たのしけりゃいいじゃん!」って感じの音楽です。メッセージ性とか難しいことは

記事を読む

617OwaNhV9L._SX425_

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命  銀杏BOYZ

  同時発売の『DOOR』と同じく、当時の私を心底がっかりさせた一枚。『さくらの唄』

記事を読む

81iK6JRd1UL._SL1500_

CHRONICLE  フジファブリック

ポップで明るい、比較的聞きやすいアルバム。それでいて中毒性があり、いつまでも聞き続けられる。そして、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

8120NEfVgpL._SL1500_
Songs of Innocence & Experience DYGL

再生した瞬間の感想「え?これ本当に日本のバンド?10年くらい前のアメリ

81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa p

A12L1GQUnSL._SL1500_
834.194 サカナクション

「ついに!」というか「やっと!」というか、アルバムを出す出すといい続け

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑