*

THE UNHEAVENLY CREATUERS Coheed and Cambria

公開日: : 70~79点, レビュー


618Uc5pCGaL._SY400_
75

プログレッシヴかつエモーショナル、ハードなサウンドとキャッチーなメロディの絶妙なバランス感が世界中のコアなファンを熱狂させてきたコヒード・アンド・カンブリア。本作は、前作より約3年ぶり、通算9作目のオリジナル・アルバム。彼らは、2002年の『The Second Stage Turbine Blade』より、フロントマンのクラウディオ・サンチェズが書き上げた“The Amory Wars”というSF物語をもとに、その世界観を、音楽を通して表現したコンセプト・アルバムを作り続けている。彼らのディスコグラフィ自体が、まるで何巻にも及ぶ長編コミックスのようだ。前作はこのストーリーから一旦離れ、非コンセプト・アルバムを発表したものの、本作から再び“The Amory Wars”の世界線に戻り、物語は新たな章へと突入した。とはいえ、ストーリーを把握していなくても、一つひとつの楽曲は十分に楽しめる。繊細なピアノで始まる「Prologue」から「The Dark Sentencer」の流れは、まるで映画のオープニングのような壮大かつシリアスな曲調で、徐々に迫り来るカタルシスに対する期待に胸が高鳴る8分近い大作だ。アルバムを通して、前作のようなポップな曲は少なく、シリアスな緊張感のある曲が続く。中でも「True Ugly」の、どちらかというとパンク寄りのギターの音で奏でられるプログレッシヴ色の強いリフに、優しげなハイトーン・ヴォイスが絡む独特のサウンドは、ジワジワと癖になるコヒードらしい曲だ。今後も続くであろう彼らのコンセプト・アルバムへの期待が高まる一枚。
 

関連記事

img_99eb9e0fae3c87683fef1555cfb97503130649

区分 古都の夕べ

新体制古都の夕べ4枚目のアルバム。今作の最大の特徴はあゆ巫女である。田中のボーカルがまったくない、あ

記事を読む

61TCtiyi5gL

Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りには少しヴィジュアルに地味さを感

記事を読む

81-TjddVzEL._SL1500_

Days With Uncertainty The fin.

日本人離れした音楽はそのままに、さらに聴きやすくなった最新アルバム。前作よりポップになり、前作のブリ

記事を読む

ダウンロード

Xと○と罪と RADWIMPS

RADWIMPSといえば、圧倒的なテクニックや作曲能力やセンスをもって、これでもか! と畳み掛けるよ

記事を読む

514HJB3JMFL._SX425_

フィードバックファイル ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンのカップリング集第一弾。時系列順に並んでいるため、彼らの歩みを感じ取れる、『裏ベスト』といっ

記事を読む

51vjrw3kkjl-_sl1280_

LSC ラブリーサマーちゃん

超名曲「あなたは煙草 私はシャボン」がとうとうCD化。なんでもメジャー1stアルバムに入れたかったか

記事を読む

61Yd7JgvGzL._SX425_

光のなかに立っていてね 銀杏BOYZ

前作から9年の時を経て、メンバー3人の脱退を越えて発売された、彼らの血と汗と涙と怨恨の結晶。未完成だ

記事を読む

31S3GNV8M4L

FAB FOX フジファブリック

  いわゆる志村節が一番強いアルバム。クセの塊。好きな人は好きだし、合わなければとこ

記事を読む

41WY12AWKKL

DOOR 銀杏BOYZ

*『DOOR』と『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』は、私の中では2枚組のファーストアルバムである。

記事を読む

414AZA3YMSL

A Day At The Races 華麗なるレース Queen

昨今のブームもあり、このバンドといえば『オペラ座の夜』であり『ボヘミアンラプソディ』となる向きが多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

91knG6W0qkL._SL1500_
調べる相対性理論 相対性理論

相対性理論にとって初のライブアルバム。ライブ映像にしても、ライブ音源に

81wZ-Rn2rcL._SL1500_
Bee side Sea side ~B-side Collection Album~ UNISON SQUARE GARDEN

近年、アーティストが周年イヤーを迎えるとほぼ確実にベスト的なアルバムが

618Uc5pCGaL._SY400_
THE UNHEAVENLY CREATUERS Coheed and Cambria

プログレッシヴかつエモーショナル、ハードなサウンドとキャッチーなメロデ

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑