ASIAN KUNG-FU GENERATION

NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019 愛知国際展示場 2019.10.23 , ,

今となっては信じられないことであるが、かつてASIAN KUNG-FU GENERATION、ストレイテナー 、ELLEGARDENらは若手時代に下北沢の小さいライブハウスで凌ぎを削っていた。 …続きを見る

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019 「ホームタウン」 市川市文化会館 2019.7.4

3月からスタートしたASIAN KUNG-FU GENERATIONの「ホームタウン」ツアー。そのワンマン編であり後半戦であるホールツアーもいよいよ終盤に。今月末に迎えるファイナルも近づくこの日は千葉 …続きを見る

ホームタウン

どんなに安いスピーカーやイヤホンでも、一聴すると音質の良さにびっくりすると思う。「日本の録音技術の伝道」や「海外との録音技術の差を埋める」といったゴッチの使命感のようなものが産んだ、音質の化け物みたい …続きを見る

ソルファ (2016)

過去の楽曲を再構築して録り直したアルバムだと、クラムボンの『Re-clammbon』シリーズがあるけど、このアルバムは過去の楽曲を再構築したわけでも、新しい解釈をして録り直したわけでもない。『ソルファ …続きを見る

Wonder Future

まっすぐなすぎるほどの王道ロックンロール。久しく忘れていたかのような、王道ど真ん中。最近のバンドに変化球が多いのか、どっしりとくるロックンロールが気持ちいい。「ロックンロール」という文字を音楽化したよ …続きを見る

フィードバックファイル2

  アジカンのカップリング集第二弾。シングルカップリングの他、最新シングル曲、未発表音源2曲、コンピレーションアルバム収録曲5曲、ライブ音源2曲を収録している。カップリングといえど、如 …続きを見る

フィードバックファイル

アジカンのカップリング集第一弾。時系列順に並んでいるため、彼らの歩みを感じ取れる、『裏ベスト』といっても遜色ない内容。めったにライブでは演奏されないレア曲ばかりであり、ファンならマストバイのアイテムで …続きを見る

ランドマーク

      解散の危機と震災を乗り越え、「なにがなんでも出すんだ!」という思いで作られた渾身のアルバム。心境の変化もあったのか、今までのアジカンとはまっ …続きを見る

マジックディスク

        間違いなくアジカンの最高傑作かつ集大成。これ以上ない極上のアルバム。震災がなければ、この作品を最後に彼らは解散していたと …続きを見る

サーフ ブンガク カマクラ

    アジカンのフロントマン、後藤正文氏がインタビューで「一番好きなアルバム」と語っている本作。このような点数を付けるのは大変心苦しいが、残念ながら65点とさせていた …続きを見る

未だ見ぬ明日に

    前作『ワールドワールドワールド』から溢れた曲を詰め込んだというミニアルバム。曲は粒ぞろいなものの、コンセプトがないため、曲の羅列にしか聞こえないのが残念。全6曲 …続きを見る

ワールド ワールド ワールド

  アジカンのCDジャケットのイラストレーターを務めているイラストレーター、中村祐介氏が「もうアジカンのジャケットは描けない」と言わしめた会心のアルバム。『ワールドワールドワールド』か …続きを見る

ファンクラブ

  今までのポップなアルバムとは一転。内向的で陰鬱な雰囲気に面食らうと思う。アジカンにノリノリのロックを求めている人には、もっと低点数かもしれない。しかし、聞けば聞くほどに、そのダーク …続きを見る

ソルファ

  AKG最大のヒットアルバムにして初期の大傑作。大ヒットシングル『リライト』を収録したこのアルバムで、彼らは一気に国民的バンドへの道を駆け上った。シングル曲のクオリティの高さはもちろ …続きを見る

君繋ファイブエム

    AKGのメジャーデビュー1stアルバム。文学ロックの走りと言われたこのアルバムは、少年時代の懐かしさや、夏の終わりの悲しみといった、日本人の心に染み入る情緒が綴 …続きを見る

崩壊アンプリファー

  AKGのインディーズ時代のアルバム。メジャーから再発され、異例のヒットを記録。ここからAKGのストーリーが始まった。『NARUTO』のオープニングテーマとして世界中で愛されている『 …続きを見る

...

End of content

No more pages to load