*

人間開花 RADWIMPS

公開日: : 80~89点, レビュー, 高得点


51onfmxzrql
88

今までのRADWIMPSとはまったくの別物です。別バンドです。恋愛を歌うでも、人間世界の陰惨さを描くでもなく、ただ「光」を歌っている。野田洋次郎の内面に潜んでいた化け物や衝動を歌にしていたような今までのアルバムとはまったく別のエネルギー源から作られていて、それがこのアルバムを光たらしめている。今までは「どういう発想をしたらこんな歌詞が生まれるんだろう」「どうしてこんな演奏ができるんだろう」という、技術面に目が行きがちだったのが、「どうしてこんなに開かれているんだろう」と、内面の変化に目が行く。このアルバムをひとことでいうなら、ポップ。光。RADWIMPSというドキュメンタリーを追いかけるうえで、最も重要な作品。そして歌詞カードの最後に「山口智史」の名前を見つけて涙。

 

関連記事

71-FzW48KoL._SX425_

胸キュン’14 ふぇのたす

ただひたすらにポップで、「たのしけりゃいいじゃん!」って感じの音楽です。メッセージ性とか難しいことは

記事を読む

916TfRcmzTL._SL1500_

Can’t Be Forever Young Gotch

アジカンのフロントマン、後藤正文のソロアルバム。『若いままではいられない』というタイトルの通り、死生

記事を読む

ダウンロード (1)

予襲復讐 マキシマム ザ ホルモン

前作、『ぶっ生き返す』もホルモンにしてはだいぶ開かれた、初見の人でも聞きやすくなったアルバムだったけ

記事を読む

51E-8lkTsRL._SX425_

GO TO THE FUTURE サカナクション

現代の日本を代表するバンド、サカナクションの1stアルバム。2007年のリリースながら、山口一郎のす

記事を読む

31JXHvc96lL

orbital period BUMP OF CHICKEN

  『公転周期』というタイトルを冠した5thアルバム。宇宙を常にテーマにしてきた彼ら

記事を読む

51eJuBVgETL__SX300_

崩壊アンプリファー  ASIAN KUNG-FU GENERATION

  AKGのインディーズ時代のアルバム。メジャーから再発され、異例のヒットを記録。こ

記事を読む

51P6xd3xexL

ランドマーク ASIAN KUNG-FU GENERATION

      解散の危機と震災を乗り越え、「なにがなん

記事を読む

71+4MI9cj5L._SL1500_

door androp

長い航海の末、彼らがたどり着いた答えが『mirrordance』であると言えよう。その抜けにハッピー

記事を読む

91W3jy7j8cL._SL1479_

Glowing Red On The Shore EP The fin.

ブリティッシュポップのような、西洋の匂いを感じさせる音楽を奏でる神戸発のバンド、The fin. 日

記事を読む

81txkhix8ol-_sl1500_

We love Tank-top ヤバイTシャツ屋さん

「DQNの車のミラーのところによくぶら下がってる大麻の形したやつ」とか「流行りのバンドのボーカルの男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

91knG6W0qkL._SL1500_
調べる相対性理論 相対性理論

相対性理論にとって初のライブアルバム。ライブ映像にしても、ライブ音源に

81wZ-Rn2rcL._SL1500_
Bee side Sea side ~B-side Collection Album~ UNISON SQUARE GARDEN

近年、アーティストが周年イヤーを迎えるとほぼ確実にベスト的なアルバムが

618Uc5pCGaL._SY400_
THE UNHEAVENLY CREATUERS Coheed and Cambria

プログレッシヴかつエモーショナル、ハードなサウンドとキャッチーなメロデ

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑