RADWIMPS

RADWIMPS ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019 横浜アリーナ 2019.8.28

そもそもが野田洋次郎がリリースライブをやることを想定していなかったという、様々なアーティストとのコラボ曲を収録した、昨年リリースされたアルバム「ANTI ANTI GENERATION」のツアーであり …続きを見る

BY: sonodaman

人間開花

今までのRADWIMPSとはまったくの別物です。別バンドです。恋愛を歌うでも、人間世界の陰惨さを描くでもなく、ただ「光」を歌っている。野田洋次郎の内面に潜んでいた化け物や衝動を歌にしていたような今まで …続きを見る

BY: takahashikazuna

君の名は。

映画は未見です。単純に音楽作品としての評価なのですが、とんでもなく素晴らしいです。音楽だけで風景が浮かぶ。RADWIMPSの力がありありと現れている。もちろんリード曲の「前前前世 (movie ver …続きを見る

BY: takahashikazuna

Xと○と罪と

RADWIMPSといえば、圧倒的なテクニックや作曲能力やセンスをもって、これでもか! と畳み掛けるようなバンドだったのが、本作ではいい具合に力の抜けた作品となっている。『五月の蠅』のような過激な作品が …続きを見る

BY: takahashikazuna

絶体絶命

賛否両論が激しい、癖の強い一枚。全体的に暗いため、好みが分かれるようだ。暗いアルバムだが、その暗さが底のない闇のようで、人の心を飲み込む負のエネルギーに満ちている。こんなアルバム、そこらのアーティスト …続きを見る

BY: takahashikazuna

アルトコロニーの定理

おかずのごはん発売後、解散寸前まで仲たがいしたという彼ら。その危機を乗り越えて発売された本作は、もともと卓越していた演奏力がさらに向上した、化学変化のようなアルバムだった。前作のようなキャッチーなキラ …続きを見る

BY: takahashikazuna

RADWIMPS4~おかずのごはん~

ヒットシングル『ふたりごと』『有心論』『セツナレンサ』で知名度を一気に引き上げた彼らが、満を持して送り込んだ会心のアルバム。極上のシングル曲が3曲入っているだけで、傑作確定みたいなもんです。残念ながら …続きを見る

BY: takahashikazuna

RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~

三枚目にして早くも円熟感が表れてきたRADWIMPS。全体的にきれいにまとまった一枚で、完成度が高い。毎度驚かされるのが、フロントマン・野田洋次郎の卓越した言語感覚。帰国子女だからだろうか、言葉を記号 …続きを見る

BY: takahashikazuna

RADWIMPS2~発展途上~

前作から大きく演奏力、表現力が向上し、彼らの唄いたい世界を、曲として昇華できるまでになったと感じられる良作。1stで見せた、荒削りな原石が、一気に輝きを放ち始めた。まさに、『発展途上』である。『なんち …続きを見る

BY: takahashikazuna

RADWIMPS

2003年にすでにCDをリリースしてたという彼らの早熟さ、そして大器の片鱗をうかがわせる内容に驚愕。バンドサウンドは今のような繊細な音色ではなく、青春パンクに近いものであり、今聞くにはすこし厳しいもの …続きを見る

BY: takahashikazuna