*

NEW LOVE B’z

公開日: : 最終更新日:2019/06/19 90~99点, レビュー, 高得点


ダウンロード
90

誤解を恐れずにいうならば、これはNEW LOVE ならぬ ニュービーズだ。
彼ら二人の新境地が存分に垣間見れる作品だが、サポートメンバーで特にリズム隊の二人が変わったことは非常に大きく、
”ニュー”を感じずにはいられない。

シングルカットがあるとすれば『兵、走る』になったであろうが、この曲のみ旧サポートメンバーでのレコーディングで、他の曲との対比により、”ニュービーズ”たる変化が非常にわかりやすい。この曲はいうなれば鉄板というか、”吉牛”的などうすればB’zの二人を美味しくできるかを知り尽くしているリズム隊による演奏で、ファンに”キタコレ!”と思わせるのはもはや容易い。その代わり、新境地ともいえる今作の他の曲と比べると、若干色が浮いて見えてくる。
新しくバンドに加わったBrian TichyとMohini Deyはこの2人で組むのも恐らく初めてで、B’z とのセッションにも試行錯誤があったことだろう。
しかし当然ながら非常に高度な演奏力もあり、チグハグさや違和感のようなものはまったく無く、それでいて今までのB’zサウンドとはまったく違った”うねり”であったり緊張感をプラスしている。
アルバム内でこの2人のリズム隊による演奏が聴けるのは5曲のみだが、”ニュービーズ”のライブへの期待をせずにはいられない。
とくに前作『Dinoasaur』から今作へ続くB’zのマイブームであろうクラシックロック的なアプローチの楽曲ではBrian tichyの奔放なドラミングがとても合う。
もし今の体制が続くならば『ELEVEN』時のようなもっと現代的なハードロックサウンドの作品にも期待したい。『愛のPrisoner』や『Raging River』のような楽曲もセットリストに復活してほしいが如何なものか。

関連記事

61RwCC+ai7L._SX425_

ENTERTAINMENT SEKAI NO OWARI

唯一無二の世界観がそうさせるのか、たった2枚のアルバムで、これほどまでの人気を獲得している彼らの戦略

記事を読む

51m1nE-dPgL._SX466_

鈍色の青春 野狐禅

孤高のフォークシンガー、竹原ピストルの所属していた野狐禅。といっても、私は野狐禅時代から彼が好きだっ

記事を読む

51R6hHfACBL._SX425_

Shiggy Jr. is not a child. Shiggy Jr.

めちゃくちゃポップ! 聞いているだけで嬉しくなっちゃうほどのにぎやかなサウンドと伸びやかなボーカル。

記事を読む

31C9y7nyvRL._SX425_

常夜灯 失敗しない生き方

ジャジーな音楽に男女混声の優しいボーカルが心地よい、失敗しない生き方の1stアルバム。ゆったりとした

記事を読む

51Of1TUjGPL

ファンクラブ ASIAN KUNG-FU GENERATION

  今までのポップなアルバムとは一転。内向的で陰鬱な雰囲気に面食らうと思う。アジカン

記事を読む

31GTG5QCDHL

ガリバー 野狐禅

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう

記事を読む

ダウンロード

RADWIMPS2~発展途上~ RADWIMPS

前作から大きく演奏力、表現力が向上し、彼らの唄いたい世界を、曲として昇華できるまでになったと感じられ

記事を読む

51ZwUxviqjL._SX450_

MUSIC フジファブリック

  急死してしまった志村氏の遺志を継ぎ、遺されたデモ音源等を活用し、遺されたメンバー

記事を読む

51gz67Ajp0L._SS500

くじらむぼん クラムボン

じっくり聞き返すと、ジャズ的な要素が多いんですね、クラムボン。変則的な音に時々ハッとします。このCD

記事を読む

71aRnkp8+2L._SL1500_

The Sound Sounds. TWEEDEES

元Cymbalsの沖井礼二と24歳のシンガー清浦夏実によるユニット・TWEEDEESの1stアルバム

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

91knG6W0qkL._SL1500_
調べる相対性理論 相対性理論

相対性理論にとって初のライブアルバム。ライブ映像にしても、ライブ音源に

81wZ-Rn2rcL._SL1500_
Bee side Sea side ~B-side Collection Album~ UNISON SQUARE GARDEN

近年、アーティストが周年イヤーを迎えるとほぼ確実にベスト的なアルバムが

618Uc5pCGaL._SY400_
THE UNHEAVENLY CREATUERS Coheed and Cambria

プログレッシヴかつエモーショナル、ハードなサウンドとキャッチーなメロデ

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑