*

NEW LOVE B’z

公開日: : 最終更新日:2019/06/19 90~99点, レビュー, 高得点


ダウンロード
90

誤解を恐れずにいうならば、これはNEW LOVE ならぬ ニュービーズだ。
彼ら二人の新境地が存分に垣間見れる作品だが、サポートメンバーで特にリズム隊の二人が変わったことは非常に大きく、
”ニュー”を感じずにはいられない。

シングルカットがあるとすれば『兵、走る』になったであろうが、この曲のみ旧サポートメンバーでのレコーディングで、他の曲との対比により、”ニュービーズ”たる変化が非常にわかりやすい。この曲はいうなれば鉄板というか、”吉牛”的などうすればB’zの二人を美味しくできるかを知り尽くしているリズム隊による演奏で、ファンに”キタコレ!”と思わせるのはもはや容易い。その代わり、新境地ともいえる今作の他の曲と比べると、若干色が浮いて見えてくる。
新しくバンドに加わったBrian TichyとMohini Deyはこの2人で組むのも恐らく初めてで、B’z とのセッションにも試行錯誤があったことだろう。
しかし当然ながら非常に高度な演奏力もあり、チグハグさや違和感のようなものはまったく無く、それでいて今までのB’zサウンドとはまったく違った”うねり”であったり緊張感をプラスしている。
アルバム内でこの2人のリズム隊による演奏が聴けるのは5曲のみだが、”ニュービーズ”のライブへの期待をせずにはいられない。
とくに前作『Dinoasaur』から今作へ続くB’zのマイブームであろうクラシックロック的なアプローチの楽曲ではBrian tichyの奔放なドラミングがとても合う。
もし今の体制が続くならば『ELEVEN』時のようなもっと現代的なハードロックサウンドの作品にも期待したい。『愛のPrisoner』や『Raging River』のような楽曲もセットリストに復活してほしいが如何なものか。

関連記事

51E-8lkTsRL._SX425_

GO TO THE FUTURE サカナクション

現代の日本を代表するバンド、サカナクションの1stアルバム。2007年のリリースながら、山口一郎のす

記事を読む

61c+3ZuD+AL._SX425_

NIGHT FISHING サカナクション

サカナクションの2ndアルバムは、前作では表現しきれなかった、繊細な音が随所にちりばめられた、丁寧な

記事を読む

619ilmUa2BL._SL1500_

日日是好日 藤巻亮太

本当に素晴らしいアルバム。藤巻亮太の音楽を聴くのは、レミオロメン以来なんだけど、レミオロメンの後期っ

記事を読む

916TfRcmzTL._SL1500_

Can’t Be Forever Young Gotch

アジカンのフロントマン、後藤正文のソロアルバム。『若いままではいられない』というタイトルの通り、死生

記事を読む

617OwaNhV9L._SX425_

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命  銀杏BOYZ

  同時発売の『DOOR』と同じく、当時の私を心底がっかりさせた一枚。『さくらの唄』

記事を読む

61oLnot4NdL

ファンファーレと熱狂 andymori

キラッキラに輝いていて、無邪気に鳴らされるロックンロール。残酷なまでに無邪気。無垢。僕は小山田壮平の

記事を読む

ダウンロード

RADWIMPS2~発展途上~ RADWIMPS

前作から大きく演奏力、表現力が向上し、彼らの唄いたい世界を、曲として昇華できるまでになったと感じられ

記事を読む

ダウンロード

Xと○と罪と RADWIMPS

RADWIMPSといえば、圧倒的なテクニックや作曲能力やセンスをもって、これでもか! と畳み掛けるよ

記事を読む

6a0d3a84d5ab8d289f7660eb72837b6f

進行 古都の夕べ

進行方向別通行区分の真部と西浦が新バンド・集団行動を組んで以降、ラップトップ一台で音楽を流しながら歌

記事を読む

411kphPPXYL._SX425_

太陽 中村一義

中村一義、待望の2ndアルバム。私はこのアルバムが一番好きだ。なぜなら、珠玉の名曲『日の出の日』が収

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

81gEdlIbouL._SL1500_
aurora arc BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENというアーティストはもともと、年に1枚し

61TCtiyi5gL
Ceremony & Devotion Ghost

個人的に音を聞く前に完全にイロモノなイメージが先行していて、その割りに

8120NEfVgpL._SL1500_
Songs of Innocence & Experience DYGL

再生した瞬間の感想「え?これ本当に日本のバンド?10年くらい前のアメリ

81YI7X9yubL__SL1500_-500x500
EAT THE ELEPHANT A PERFECT CIRCLE

メイナードの別プロジェクト、toolとともに長年沈黙を続けていたa p

A12L1GQUnSL._SL1500_
834.194 サカナクション

「ついに!」というか「やっと!」というか、アルバムを出す出すといい続け

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑