野狐禅

野狐禅

夕焼けのような、赤いジャケットが眩しい野狐禅のラストアルバム。東京に夢を見た若者が、東京に飲まれ、東京に堕落し、東京に散って行った。そんな人間劇場を彼らは見せてくれた。野狐禅というセルフタイトルからし …続きを見る

BY: takahashikazuna

ガリバー

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう。しかし歴代のフォークシンガー達は、ギター一本で様々な音色を奏でてきた。音としての野狐禅は、前作で完 …続きを見る

BY: takahashikazuna

東京23区推奨オモイデ収集袋

野狐禅の2ndアルバムにして最高傑作。東京に対しての夢と、あまりにもかけ離れた自分とが悲しく、そのもどかしさに、大人が聞いてしまったら一発でやられてしまう。こんなにキラキラした音楽は、そんじょそこらの …続きを見る

BY: takahashikazuna

鈍色の青春

孤高のフォークシンガー、竹原ピストルの所属していた野狐禅。といっても、私は野狐禅時代から彼が好きだったから、復活を強く望むのだが。野狐禅は、フォークギターとピアノの2人組で、北海道から、東京を夢見て、 …続きを見る

BY: takahashikazuna