*

「 40~49点 」 一覧

ガリバー 野狐禅

ピアノとフォークギターという限られた組み合わせの限界だろうか。全曲同じに聞こえてしまうのは何故だろう。しかし歴代のフォークシンガー達は、ギター一本で様々な音色を奏でてきた。音としての野狐禅は、前作で完

続きを見る

EARTH SEKAI NO OWARI

会場の映像で、自殺を連想させる映像を流したり、ボーカルがパニック障害を告白したり、世のメンヘラ人気を一身に背負うバンド、セカオワです。しかし、世界観はファンタジーで統一されていて、そしてボーカル・fu

続きを見る

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命  銀杏BOYZ

  同時発売の『DOOR』と同じく、当時の私を心底がっかりさせた一枚。『さくらの唄』で彼らがみせた整然としたパンクミュージックは消え、バンドが変わったことによる焦燥感まみれの峯田がパッ

続きを見る

DOOR 銀杏BOYZ

  これを買った当時、私は大学生だった。つまり、ゴイステに熱狂した世代であり、全国の少年がこのアルバムの発売を心待ちにしていた。心に空いたゴイステの穴を埋めてくれるものだと信じていたか

続きを見る

91ICbabkFJL._SL1500_
Convicted Cryptic Slaughter

ハードコアとメタルが融合した80年代クロスオーヴァーの中でも異質中の異

a1309678967_16
NERDS GONE WILD DEEGEEDOILS

日本では北方領土と毒殺とプーチンの筋肉のイメージしかない(そんなことな

IMG_20180912_0002
REGULAR PARTY LINE FATRACE

インドネシア産ポップパンクFATRACEの4曲入りシングル。ラモーンズ

81WWrwoLBYL._SL1500_
ANDYSHANTY andymori

『愛してやまない音楽を』が2013年のライブを中心にセレクトされている

71ab3qKkDQL._SL1500_
愛してやまない音楽を andymori

andymoriの音楽を聴くと「生きなきゃ!」「残された時間を大切にし

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑