60~69点

with open

もう5年位前かなあ、アルテマレコーズっていうネットレーベルがあって、そこでfu_mouさんが『星のカービィ』のリミックスを発表してて、「すごい才能!」って思ったんですよね。でもfu_mouさんはネット …続きを見る

BY: takahashikazuna

にこにこプンプン丸

今作はそのほかの作品に比べると、勢いやバラエティ感が不足している気がします。全体的におとなしい感じ。それでもグルーヴやボーカル、世界観は唯一無二。並のバンドでは生み出せない作品です。でももっといい進行 …続きを見る

one and zero

前作で花開いた個性はどこへ? 没個性的なサウンドになってしまって残念。ただのいい曲を、ただいい感じに奏でるバンドになっている。良い曲をいい感じに奏でることすらできないバンドが多い中、コンスタントに名曲 …続きを見る

BY: takahashikazuna

anew

CDリリース前に彼らを見る機会があったが、当時の彼らはRADWIMPSのフォロワーにすぎなかった。そしてこの1stアルバムも、RADのフォロワーにしか過ぎないという印象を受ける。演奏力も、歌声も素晴ら …続きを見る

BY: takahashikazuna

ENTERTAINMENT

唯一無二の世界観がそうさせるのか、たった2枚のアルバムで、これほどまでの人気を獲得している彼らの戦略に驚愕。前作『EARTH』で見せた病みの部分が薄れ、ポップなアルバムとなっている。前作の病みに魅せら …続きを見る

BY: takahashikazuna

わたし開花したわ

  曲も歌詞も世界観もまったく同じ。完全に相対性理論のフォロワーでしかなかったパスピエの1stアルバム。『チャイナタウン』、『電波ジャック』など、きらりと光る曲がありつつも、その2曲し …続きを見る

BY: takahashikazuna

サーフ ブンガク カマクラ

    アジカンのフロントマン、後藤正文氏がインタビューで「一番好きなアルバム」と語っている本作。このような点数を付けるのは大変心苦しいが、残念ながら65点とさせていた …続きを見る

崩壊アンプリファー

  AKGのインディーズ時代のアルバム。メジャーから再発され、異例のヒットを記録。ここからAKGのストーリーが始まった。『NARUTO』のオープニングテーマとして世界中で愛されている『 …続きを見る