ALBUM REVIEWS

新青年

令和元年、活動30周年を迎えた人間椅子が満を持してリリースした、通算21枚目となるオリジナル・アルバム。平成元年に、ねずみ男に扮した鈴木(b)がベースをかき鳴らし歌った「平成名物TVイカすバンド天国」 …続きを見る

THUNDERSTEEL

某著名な、もちろん筆者も尊敬しているギター講師の方のブログで、メタルばっかり聴いているとギターが上達しないという記事があった。 読み進めると、メタルは常に全力の演奏になりがちで様々な音楽にとって非常 …続きを見る

NEW LOVE

誤解を恐れずにいうならば、これはNEW LOVE ならぬ ニュービーズだ。 彼ら二人の新境地が存分に垣間見れる作品だが、サポートメンバーで特にリズム隊の二人が変わったことは非常に大きく、 ”ニュー …続きを見る

A Day At The Races 華麗なるレース

昨今のブームもあり、このバンドといえば『オペラ座の夜』であり『ボヘミアンラプソディ』となる向きが多いが、彼らには所謂駄作と呼ばれるアルバムが1つも無いと言っていい。賛否分かれるであろう80年代の作品た …続きを見る

ホワター!!

前作『柿レンジャー』は進行的なアルバムだったが今作『ホワター!!』はまったく新機軸のアルバム。進行・古都ふくめ過去のどのアルバムにも似ていない。これまで多数の名曲を生み出してきた田中に「まだこんな引き …続きを見る

柿レンジャー となりの企画はよく柿くう企画だ

『区分』でバンドの完成度を究極に高めた古都の夕べがメンバーを一部刷新。ベース・どし丸とボーカル・あゆ巫女が抜けベースボーカルのハコが加入。4人編成バンドに。編成だけでいえばギターの前にマイクがない以外 …続きを見る

区分

新体制古都の夕べ4枚目のアルバム。今作の最大の特徴はあゆ巫女である。田中のボーカルがまったくない、あゆ巫女のみのボーカル曲を多数収録。『区分』は集団行動に対する古都の夕べなりの回答だと思わずにいられな …続きを見る

別通

新体制古都の夕べ3枚目のアルバム。YouTubeにあがっている牧歌的な(いらすとやの素材を多用した)MVを体現するような優しい世界がこの『別通』には収められている。古都の夕べがバンド編成に戻ってからは …続きを見る

ホームタウン

どんなに安いスピーカーやイヤホンでも、一聴すると音質の良さにびっくりすると思う。「日本の録音技術の伝道」や「海外との録音技術の差を埋める」といったゴッチの使命感のようなものが産んだ、音質の化け物みたい …続きを見る

JAPAN

the telephonesの「JAPAN」をROCKIN'ON JAPANのNEW COMERのコーナーで知った。そこに写っていたアー写はいかにもはしゃいでいるというか悪ノリしまくっている若者のよう …続きを見る

続 B面画報

いわゆるカップリング曲、レコード時代はB面曲と言われていた曲が良いアーティストが好きだ。Oasis「The Masterplan」やチャットモンチー「表情」など、そうしたアーティストのカップリング曲を …続きを見る

CENTER OF THE EARTH

a flood of circleのアルバムは毎回新しくもあるけれどある程度型は決まっていて、それをひたすらにアップデートしてきたわけだが、今回は違う。 ブルース色が強い曲は佐々木亮介ソロに回し、バ …続きを見る