*

「 90~99点 」 一覧

世界は平和島 進行方向別通行区分

ネットでとにかく評判のいい一枚。聞いてみると、たしかに名曲揃い。個人的にはボーナストラックによく入ってる空白の時間はいらない派なので、リピートし続けるのには余計な空白の時間が多くてつらい部分があるんだ

続きを見る

Butterflies BUMP OF CHICKEN

  間違いなくBUMP OF CHICKENの最高傑作。『RAY』の時は違和感でしかなかったEDMがしっかりと武器になっている。“ray”を聴いたときは、「時代遅れのシンセ音だなあ」と

続きを見る

Wonder Future ASIAN KUNG-FU GENERATION

まっすぐなすぎるほどの王道ロックンロール。久しく忘れていたかのような、王道ど真ん中。最近のバンドに変化球が多いのか、どっしりとくるロックンロールが気持ちいい。「ロックンロール」という文字を音楽化したよ

続きを見る

予襲復讐 マキシマム ザ ホルモン

前作、『ぶっ生き返す』もホルモンにしてはだいぶ開かれた、初見の人でも聞きやすくなったアルバムだったけど、今作はより開かれています。ハードコアなんだけど、J-POPに近い。亮君のメロディセンスが爆発しま

続きを見る

森高豆腐  森高千里 with tofubeats

森高千里とtofubeatsのコラボアルバム。これは買いです! 森高千里の名曲たちをtofubeatsの手で新解釈。さらに水星や朝が来るまで~といったtofubeatsの名曲たちも森高バージョンで収録

続きを見る

グッド・ナイト 森は生きている

前作は、「よくわからないけどなんかすごいことやってるな」という、漠然とした印象しか抱かなかったのですが、彼らのやりたいことはこういうことだったんですね。これはすごいよ! サイケデリックかつプログレッシ

続きを見る

JPN Perfume

シングル曲のアルバムmixがバッキバキ! どっぷりとperfumeワールドに浸れる音圧が気持ちいい。ファンの中では賛否両論で、バキバキの音がアーティスト感が強いのが原因みたいですね。アイドルファンの多

続きを見る

残響リファレンス ONE OK ROCK

『ONE OK ROCKは日本最高のロックバンド』、そういっても過言ではない。この作品を聞けば、誰しも納得せざるを得ないと思う。シングル曲がとびぬけてよかった前作に比べ、本作は全曲素晴らしい。日本人離

続きを見る

RADWIMPS4~おかずのごはん~ RADWIMPS

ヒットシングル『ふたりごと』『有心論』『セツナレンサ』で知名度を一気に引き上げた彼らが、満を持して送り込んだ会心のアルバム。極上のシングル曲が3曲入っているだけで、傑作確定みたいなもんです。残念ながら

続きを見る

世界のフラワーロード 100s

素晴らしい! ソロ時代、バンド時代どちらを合わせても中村一義の最高傑作!『魔法を信じ続けているかい?』は、もちろんデビューアルバムのアンサーソングであり、全アルバムのタイトルが歌詞に出てくるなど、ファ

続きを見る

演出家出演 パスピエ

  相対性理論の世界観を踏襲しつつ、それを越えて見せた3rdアルバム。内部問題でゴタゴタしている相対性理論より、聞いていて単純に楽しいパスピエを選びます。私は。どキャッチーな曲とタテノ

続きを見る

jupiter BUMP OF CHICKEN

  大ヒットシングル『天体観測』を経て放たれた3rdアルバム。『ダイヤモンド』や『ダンデライオン』のように心に優しく語りかける応援歌や、『天体観測』『ハルジオン』の、大人になって知る侘

続きを見る

アラビアの禁断の多数決 禁断の多数決

禁断の多数決を一言で表すなら、「どサブカル」。高円寺の怪しげな雑居ビルをイメージしていただければ、そのまんまの世界が広がっている。わけのわからない学生映画のようなPVも、小林克也の曲紹介も(PV限定)

続きを見る

First Album tofubeats

  作曲家がメジャーデビューしてアルバムを発表するなど、いつ以来でしょう。このようにポップスの作曲家が自らの名前を冠してこのようなは形でメジャーデビューするなど、私の記憶に思い当たる人

続きを見る

DocumentaLy サカナクション

サカナクションの5thアルバムは完璧に限りなく近い超傑作。イントロから心をガシっと掴む仕掛けあり、シングル曲3曲に加え、アルバム曲にもキラーチュ-ンがこれでもか! というほど盛りだくさん、世界観も曲も

続きを見る

シンシロ サカナクション

一曲目の『ame』が流れた瞬間から、規格外のアルバムが始まったことが分かる、日本の音楽業界に一石を投じた、衝撃的なアルバム。まさか日本のロック界から、こんなにも壮大な音楽が生まれるとだれが予想できただ

続きを見る

光のなかに立っていてね 銀杏BOYZ

前作から9年の時を経て、メンバー3人の脱退を越えて発売された、彼らの血と汗と涙と怨恨の結晶。未完成だった雑音は一転、心地よいノイズミュージックへと昇華されており、彼らの成長に感嘆する。それだけに、脱退

続きを見る

TOWN AGE 相対性理論

  創世記のブレーンであった真部・西浦氏が抜けて初めてのアルバム。本作の作詞作曲は、オリジナルメンバーのやくしまると永井氏が全て行っているものの、今までの相対性理論の流れを色濃く受け継

続きを見る

シンクロニシティーン 相対性理論

    真部・西浦氏の所属していた4人体制の相対性理論の最後のアルバム。このアルバムが発売されてから2年後ほどに両氏の脱退が発表されたため、本作には、まだ悲壮感や、終末

続きを見る

ハイファイ新書 相対性理論

      前作の正当進化を経た2ndアルバム。圧倒的なセンスは保ちつつも、前作からの変化が少ないため、一作目ほどの衝撃はない。衝撃がないということは、

続きを見る

414AZA3YMSL
A Day At The Races 華麗なるレース Queen

  昨今のブームもあり、このバンドといえば『オペラ座の

img_ac5b79b13935cf18b07b03eea8313aa0120226
ホワター!! 古都の夕べ

前作『柿レンジャー』は進行的なアルバムだったが今作『ホワター!!』はま

img_05d508aada57587b1517b93ff403605774929
柿レンジャー となりの企画はよく柿くう企画だ 古都の夕べ

『区分』でバンドの完成度を究極に高めた古都の夕べがメンバーを一部刷新。

img_99eb9e0fae3c87683fef1555cfb97503130649
区分 古都の夕べ

新体制古都の夕べ4枚目のアルバム。今作の最大の特徴はあゆ巫女である。田

img_75d60ec6d8b3fb8b250aaecb465e307496303
別通 古都の夕べ

新体制古都の夕べ3枚目のアルバム。YouTubeにあがっている牧歌的な

→もっと見る

  • 読書家の本棚
PAGE TOP ↑