HIGH SCORE

Can’t Be Forever Young

アジカンのフロントマン、後藤正文のソロアルバム。『若いままではいられない』というタイトルの通り、死生観がアルバムを包んでいる。という説明だとシリアスなイメージしかうかばないだろうが、しかしながらサウン …続きを見る

BY: takahashikazuna

LEVEL3

ものすごい評判のいいアルバムで、某所のランキングでは、年間ベストを取っていました。でもperfumeとしては前作の方が素晴らしかったと思うのです。本作は、EDMに振り切っていて、踊れる音楽を奏でていま …続きを見る

BY: takahashikazuna

JPN

シングル曲のアルバムmixがバッキバキ! どっぷりとperfumeワールドに浸れる音圧が気持ちいい。ファンの中では賛否両論で、バキバキの音がアーティスト感が強いのが原因みたいですね。アイドルファンの多 …続きを見る

BY: takahashikazuna

⊿(トライアングル)

テクノポップここに極まる! 前作はアイドルのperfumeをテクノで固めたアルバムだったのに対し、今作はアーティストperfumeをテクノで固めたイメージ。印象を一気に飛躍させた素晴らしい作品。このア …続きを見る

BY: takahashikazuna

GAME

『ポリリズム』の大ヒットを受けて、一気にメジャーへと躍り出た彼女たち。そんな中放たれた本作は、今までの作品とは一線を画す、アーティスト然とした素晴らしいアルバムだった。今までのperfumeは、ただの …続きを見る

BY: takahashikazuna

period

andropの集大成! サウンドも、個性も、ポップさも、内省も、過去最高傑作! やっとだよ! やっと成熟したよ! andropの作曲スタイルというのは、彼らの音楽理論に基づいている感が凄くて、そこから …続きを見る

BY: takahashikazuna

Tree

この、どこもかしこも似たような音楽を奏でている時代に、唯一無二の世界観、音楽性を持つ彼ら。それを評価しないわけにはいかないだろう。本作はEDMに寄っており、気分が高揚するような、ファンタジー世界に迷い …続きを見る

relight

前作の『mirrordance』で一気に音楽ファンの知る存在となったandrop。次回作に期待が高まる中、ドロップされた本作は、期待を大きく超えて見せた傑作だった。前作までのつかみどころのない凡庸なロ …続きを見る

BY: takahashikazuna

活動休止を発表したYUIがフロントマンを務めるバンド、FLOWER FLOWERの1stアルバム。YUIはまぎれもなく素晴らしいポップシンガーだが、本作では完全にオルタナティブに、自分の表現したい音楽 …続きを見る

人生x僕=

エッモエモ! エッモエモだよワンオク! 初めて聞いた時にはピンとこなかったけど、聞けば聞くほどはまっていくスルメアルバム。恐らく、エモすぎるからでしょうね。前作より演奏力や表現力は向上しているものの、 …続きを見る

BY: takahashikazuna

残響リファレンス

『ONE OK ROCKは日本最高のロックバンド』、そういっても過言ではない。この作品を聞けば、誰しも納得せざるを得ないと思う。シングル曲がとびぬけてよかった前作に比べ、本作は全曲素晴らしい。日本人離 …続きを見る

BY: takahashikazuna

Nicheシンドローム

『完全感覚dreamer』で一気にシーンの最前線へと躍り出た彼ら。『完全感覚dreamer』以外はパワー不足感が否めないが、それを補ってゴリゴリだった音色が一層ゴリゴリに。音圧が半端なく凄まじい。ta …続きを見る

BY: takahashikazuna